黄昏に。

メモリ16GBは時代遅れ?

ショックなことがおきました。

Gtuneの次のセールは7月末だと思っていたのですが、すでに始まっていました。

いまはまだ買う気がないので、とりあえず値段がどうなっているか確認していたのですが、グラボやコア以外に検討しなければならないものがありました。

 

 

それが物理メモリです。

物理メモリはPCの処理に関係する部品で、メモリが大きいPCほどサクサク動きます。

いまのPCには16GBのメモリをつんでおり、これはゲーミングPCの標準規格でした。

いままで不便を感じたことがなく、そのためメモリを気にしたこともなかったのですが、調べてみたところ、現在サービスが開始されているゲームの推奨環境のほとんどが32GBだったんです。

おそらく今後発表されるゲームで推奨環境が16GBになるものはないでしょう。

 

それを考えると、16GBではもう力不足なのかもしれません。

私は今後もMMOをプレイしたいと思っていて、その推奨環境が32GBなのならばそれに順応するべきなのかもしれない。

でもそこで素直に32GBにしようと決断できないのは、きっと値段のせいだと思います。

 

32GBは16GBの倍の速さにはなりますが、値段も1.6万円くらい高くなります。

ゲームがサクサク動くというのはとても魅力的、というかほぼ必須条件なんですが、1.6万円の差というのは軽視できません。諭吉さんが2人もとんでいってしまいますからね。

グラボといいメモリといい、PCの部品ってなぜこんなにも高いのでしょうか。

 

モニターなどの付属品も欲しいからできるだけPCの値段は抑えたいと思っていたけど、それ以上にMMOを辞める気にはなれないし、今後リリースされるであろうMMOもやりたい。

だとしたら、やっぱり諭吉さんとはさよならをしないといけない、のかも。

 

 

 

あなた、私以上にお金かけられてるわよ……。

 

たまには自分にもお金をかてあげるべきだとは思うものの、PCへの出費が激しすぎてそれどころでないのが現状です。といっても、不満なんてないんですけどね。

エステやネイルに興味がないわけではないけど、生活が変わらなければ意味がないだろうし、私は趣味を思いっきり楽しめればそれで満足です。

 

ただPCの値段を下げて欲しい、私の願いはそれだけです。