黄昏に。

好きなゲームを紹介するよ!【PSO2:NGS】

今回はわたしの大好きなゲーム、『PSO2:NGS(ファンタシースターオンライン2:ニュージェネシス)』を紹介します!

システムとか難しいことはよく分からないので、いちライトプレイヤーから見た話だと思って読んでください。

 

 

 

 

PSO2:NGSとは?

2021年6月にサービスが開始された、基本プレイ無料のオープンフィールドMMORPG

旧作のPSO2は2012年からサービス開始されており、すでに完結を迎えています。

NGSはPSO2の続編という扱いですが、NGS単体でも十分楽しめるようになっています。

 

あらすじ

PSO2の時代から1000年後、主人公がハルファという惑星に降り立つところから話は始まります。

ハルファには「星渡り」という異星からの旅人がたくさんおり、アークスという戦闘要員として活躍しています。主人公もそのうちの1人として、DF(ダークファルス)からハルファを救うお手伝いをすることに……。

 

MMO……?

MMOと謳ってはいるものの、街を除くすべてのフィールドに人数制限が設けてあり、探索エリアでは最大32人、戦闘エリアでは最大8人までしか入ることができません。

ほかのMMOを遊んできた自分からすると、NGSをMMOだと言われると違和感しか感じません。かといってMOとも言えないので、ジャンルに困るゲームだと思います。

 

 

 

自由度の高いキャラクターメイキングが特徴

PSO2といえば、なんといってもキャラメ(キャラクターメイキング)の自由度の高さ!

外国製のゲームだと「顔だけ」は細かく設定できるというのが主流ですが、NGSでは顔だけでなく身体も編集可能です。

メイクや髪型、服などアバターの種類も多いので、好みのキャラを作ることができます。

キャラに性別がない

NGSでは種族や性別という概念がないので、女性用、男性用どちらの服も楽しめます。

(キャラの性別はありませんが、アバターに男女の区別はあります。)

それぞれの身体は個別に設定できるので、一度設定してしまえば服を着替えるだけで男性、女性を切り替えることが可能です。

外見を変えるにはエステ券や課金が必要になりますが、エステ券はログボなど無料で入手可能なので、無課金でも十分楽しめますよ!

 

表情のカスタムが可能

キャラの魅力をひきだすために大事なのが表情です。

表情システムのあるゲームもたくさんありますが、「用意されている表情はなんだか違うなぁ」ってこと、ありませんか?

NGSでは、自分で好きな表情を設定することができます。(NGSタイプのみ)

全部で8つの表情を好きに設定でき、これにより、より個性を引き立たせることができるようになりました。

 

 

 

撮影がしやすい環境

撮影エリアがある

NGSでは撮影エリアを設定することができます。

撮影エリアは鍵のかかったプライベート空間なので、他人を気にせず心ゆくまで撮影できます。さらに天気や時間を操作可能なので、明るい時間帯をずっと再現することも可能です。

 

ロビーアクションが豊富

ロビーアクション(モーション)が豊富なので、キャラにいろんなポーズをとらせることができます。

また、NGSタイプのアバターでは指が可動式になっており、一部のロビーアクションは指の形態を選ぶことができます。ピースをしたり、小指を立てたり、指にも表情がつくことでおなじポーズでも雰囲気を変えることができます。

 

 

 

すべてのクラスを選択可能

NGSにはクラス(ジョブ)の縛りがなく、すべてのクラスを1キャラで遊べるので、いくつものキャラを作る必要はありません。

現在は8つのクラスが用意されており、近々1クラスが追加される予定です。

 

「8つものクラスを楽しめるのは良いけど、大変じゃない?」って思う方もいるかもしれませんが、NGSにはサブクラスシステムというものがあり、2つのクラスを同時にレベリング可能です。

サブクラスにはメインクラスの50%の経験値が入るので、ふつうに遊んでいればカンストも夢ではありません。デイリーやウィークリークエストでもたくさんの経験値が入るので、カンストを目指している方はしっかりこなしていきましょう。

 

 

 

初心者でもとっつきやすい難易度

NGSはアクションRPGです。アクションRPGというとモンハンを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、NGSはモンハンほど難易度は高くありません。

遠距離クラスもたくさん用意されているので、近接クラスが苦手な人でも安心です。

被弾をしてしまっても、回復アイテムがフィールド上にたくさん生えているので、どのクラスでも好きなときに回復ができます。蘇生もおなじく誰にでも可能です。

 

スキル(NGSではPA、テクニックという)回しもさほど複雑さはなく、ワンクリックするだけでAIが適切なスキルを判断し発動してくれる、というシステムも存在します。

使用はあまりオススメしませんが……。

 

 

 

時間泥棒

時間がなくなります。とにかく時間がなくなる。

まともにやればギャザリングだけで3時間以上かかってしまうし、デイリーをすべて終わらせようとすると最低でも1時間は戦闘エリアにこもる必要があります。

ただしギャザリング対象や、終わらせるデイリーを絞ればこの限りではありません。

自分のなかで線引をして、ときには妥協することも必要ですよね。

そうやってプレイしている人のほうが大半だと思います。

 

それと戦闘システム以外に楽しめる要素がないので、すぐにやることがなくなって飽きる。

いまはLv上限がLv60に引き上げられたばかりなのでやることがあるけど、カンストしてしまうと本当にやることがなくなります。レア掘りくらい。

Lv45が上限だったときは、あまりに暇すぎてエステ(外見変更)に通う日々でした。

 

 

 

キャラメが好きな人にはオススメ

ゲームの内容としては正直ふつうかな。

わたしは楽しくプレイしていますが、飽きていないというと嘘になります。

それでもずっと好きで続けているのは、ひとえに自キャラを愛しているからです。

 

わたしにとって創作キャラというのは子どもみたいなもの。

決してわたしの分身なんかではありません。

きっとMMOをプレイしている人にはそういう人がたくさんいるはず……。

 

なので、「キャラメが好き」「創作っ子好き」って方にはNGSを強くオススメします!

絵を描けなくてもNGSをやれば理想の子が作れるはずです。

お時間のある方はぜひ、やってみてください!

今日はサブ男